スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ファーストライト
PORTA2 C5

初の自分の望遠鏡が9月21日に手元に来ました。

ファーストライトを兼ね、観察会を決行。
参加者は望遠鏡を仕入れ→解体→完成させてくれた久保田氏
当日連絡を受け大阪から参加の仁ちゃん
前日連絡を受け大阪から参加の荒川君
と私の4人で岡山市の河川敷にて木星を観察。
天気が良ければ色々と観察できたのかもしれないがあいにくの曇り空…。
観察会は12時過ぎまで続き、
最後の30分はシグナスのロゴマークの話に、楽しみだ。

今日も自宅で望遠鏡を使って木星見てました。
一人でもなんとか出来ると判明。

自分の望遠鏡を持つだけで心が踊るね。

今回望遠鏡を全て手配し整備してくれた久保田氏
終電乗り遅れて送ってくれた荒川氏
ブログでお世話になった仁ちゃん

本当にありがとう。
可愛いおもちゃ手に入れて嬉しくてたまらんよ。

ふじい
スポンサーサイト
2009/09/24(Thu) | Cygnus望遠鏡 | トラックバック(-) | コメント(1) | page top↑
シグナス望遠鏡 -架台の設計-
ほぼ一月ぶりの更新ですね。

シグナス望遠鏡が、そろそろ作れそうな形になってきました。
3月中にも、みんなで集まって作れそうな雰囲気です。

全体図 【1】 【2】


【構造】

◆操作を簡単にするため、フリーストップ式にしました。
 使う時は、筒をぐいっとつかんで、向けたい方向に向ければ追尾します。
 楽チンです。

◆架台の構造は、たぶんオーバースペックです。なにぶん初号機でデータがないので。
 ○フリーストップにするために、ディスクブレーキ。
 ○剛性をあげるために、軸周りをベアリングでガツガツに固める。
 ○赤道儀の駆動系ギア周り(ウォームホイール・ギア)は、
 Vixen製GP赤道儀の赤緯ギアを流用します。(余りものがありました)
赤経まわり構造 ギア


【今後】
・基本設計はだいたいできたので、細かい構造を詰めながら
 モノをそろえていきます。3月下旬には物がそろって、休みの日に
 みんなであつまって一気に制作できるかと思います。

【費用】
あくまで概算ですが、思ってたよりちょっとかかりそうです。
それでも、10人で割って一人\4,000-ですが。
だれか旋盤持ってないかな~
部品 金額 /円 備考
メイン光学系9,000MIZAR製 D=114mm
接眼部5,000BORG製 接眼ヘリコイドS
接眼レンズ8,000Yahooオークション 2本
ベアリング6,000NSK製 通販
材料 金属5,000
材料 木材2,000t=9mmの合板
駆動系5,000Vixen駆動系 Yahooオークション
機械加工( 8,000 )高いし、自前でやるか…
合計40,000機械加工なし
2007/02/24(Sat) | Cygnus望遠鏡 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
シグナス望遠鏡 -鏡筒基本設計-
鏡筒の基本設計ができました。

いろいろとブラッシュアップしたおかげで、
結構すっきりとした感じになってきたと思います。
以前は重心が高くて腰高だったので、いろいろ対策してます。

・トップリングをアルミを使って軽量化
・ミラーボックスに合板を使って低重心化
・主鏡セル構造を変更して無駄な高さを削減

その結果、全体イメージはこのようになりました。

赤道儀まわりは相変わらず適当ですが、
そこそこいい感じにおさまってきたと思います。

さて愛知さん、いかがでしょう?

【参考】
偽装されてない計算書
2007/01/27(Sat) | Cygnus望遠鏡 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
シグナス望遠鏡 - ちょっとどうだろ編-
試設計で重心の計算をしてみました。

20070117_鏡筒重心計算

分かりにくいですが、赤字で書いているのがキーポイントで、
どうもこの設計だと重心は鏡筒底面から17cmくらいに来るようです。

で、これに基づき全体の絵を書き直したのが次の図です。

20070117_全体イメージ

・・・ちょっと腰高じゃありません?

要は、主鏡が小さくて軽すぎるんですね。
で、鏡筒重心が主鏡側に来ないと。
なんか、かっこわる~。

重心を落とすためにトップリングまわり軽量化などを
やってみたんですが、焼け石に水です。
やはり設計は最初が肝心ですね。

なんとかして重心を落とすか、下の案のように
重心は真ん中にあるものとしたデザインにするか。
悩みどころです。

20070117_試案

>ご意見募集中です。
みた感じどうだ、というだけで十分参考になりますので、
みんなの知恵をお借りしたいです。
「なんか、かっこわる~」に一票!

p.s.
重心高いと、かっこ悪いだけじゃなくて
足も広げなきゃいけないんですよね。
足の最大広さは、望遠鏡→キャリーバッグ収納として
キャリーバッグの短辺の長さに制限されるんで、
どうしても腰高・不安定になってしまいます。
かといって重心落とすために下部の重量を増やすってのは
かなりセンスのない解法だしなぁ・・・。
2007/01/17(Wed) | Cygnus望遠鏡 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
シグナス望遠鏡 鏡筒編
【図面】
20070116_鏡筒試設計
20070116_鏡筒3D図

電話で筒井さんと話したのですが、
・機動性重視で現地組立はなし。
・口径13cmとすると、鏡筒が長くなりすぎる。
ため、一号機はD=114mmで行くことになりました。

で、鏡筒の構造については軽量、強度、かっこよさを考え、
トラスで行くことにします。具体的にはD=12mmの鋼球をトラス支点に、
トラス材としてはφ5mmの金属棒を考えています。
鋼球に穴あけて、タップを立てにゃいかんのですが、製作方、
どんなもんでしょうか?

トップリング側は大体意味のある寸法ですが、ミラーボックスの高さは
適当寸法ですので、見直しに伴い外観が変わるかもです。
(って言うか、多分変わる)

今後、以下のような流れで進めていきます。

各部重量計算→赤緯軸位置検討→赤緯軸考慮して鏡筒の再基本設計
→鏡筒各部詳細設計

2007/01/16(Tue) | Cygnus望遠鏡 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。