スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
シグナス望遠鏡
【図面】
20070114_全体イメージ
20070114_光学要素配置図

とりあえず試設計はじめました。
全体イメージは単なるラクガキで、なんの仕様も考慮してない「こんな感じ」の図ですが、光学要素配置図からは本物です。

安価に口径10cm~を達成するため、光学系はMIZARの望遠鏡部品バラ売りから調達するのが良いかなと思っていて、図はその鏡を使用した場合です。
鏡の精度はMIZAR曰く、「完成版望遠鏡に使うのと同じ」だそうなので、そんなに悪くはないでしょう。
MIZAR部品バラ売り
主・斜鏡あわせて\10,000-くらいです。

接眼部にはBORGから出てる "接眼ヘリコイドS" を使うのがお手軽で良いかなと思っています。\3000-なり。
BORG ヘリコイド

byてつ

【2007.1.15加筆】
20070115_光学要素配置図 D=134mm検討

D=134mmにすると、以下のトレードオフとなり、イケてる解がないです。
筒が長すぎる⇔焦点引き出しすぎ、斜鏡ケラレ

ちなみに僕が年末に持っていった望遠鏡セットのキャリーバッグが
500mm×200mm×350mmなんですよね。ここから考えると、
収納状態で最大長さが50cm+αくらいまでが現実的かと。

鏡筒を組立式にするのは、光軸の再現性などの観点から
避けたいと思っていますが、いかがでしょうか?


20070115 D=114mm検討
2007/01/14(Sun) | Cygnus望遠鏡 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
前のページ ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。